最新ニュース・お知らせ

『廣済堂札幌カントリー倶楽部』『廣済堂トムソンカントリー倶楽部』、民事再生法の適用を申請。

2010年05月29日

『廣済堂札幌カントリー倶楽部』『廣済堂トムソンカントリー倶楽部』を運営する、(株)廣済堂札幌カントリー倶楽部(資本金3億7000万円、北広島市島松641-1、代表野口信也氏)は、5月28日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。
景気低迷や近隣ゴルフ場との競争激化により入場者数、客単価が落ち込み、2009年3月期の年収入高は約8億1800万円までダウン。(株)廣済堂および関連会社の支援のもと経営を維持してきたが、2009年11月に(株)廣済堂がゴルフ場の再生および運営事業を手がける合同会社ケイ・アンド・ケイ(東京都港区)に全株式を譲渡。今年1月には廣済堂トムソンカントリー倶楽部の会員権が預託金の償還期限を迎え償還請求が急増、先行きの見通しが立たないことから今回の措置となった。
会員数は、2ゴルフ場合わせて約2700人で営業は継続する。

負債は約80億円。


最新ニュース一覧へ戻る

ホーム最新ニュース最新売買情報当社推奨募集コース地域別相場情報税金について会社案内お問合せ

丸美ゴルフは、北海道を中心に全国のゴルフコースのゴルフ会員権を、売買、新規募集代理店をしております。
信用を第一に考え、長年の実績をもとにゴルフ会員権の最新売買情報をご提供しております。

Copyright© 2014–2017 丸美ゴルフ株式会社 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ