最新ニュース

2009年10月

2009年10月22日 苫小牧CCブルックス民事再生法の適用を申請。

苫小牧カントリー倶楽部ブルックスコースを運営する、苫小牧緑化開発(株)(資本金5000万円、苫小牧市植苗437、代表松山浩明氏)は、10月21日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。
第3セクター苫小牧港開発と日本航空(株)(現・(株)日本航空インターナショナル)の共同出資で1989年(平成元年)に設立。92年7月に営業を開始し「苫小牧カントリー倶楽部ブルックスコース」(同所、18ホール)をJALグループのゴルフ場として経営されていた。
その後、2002年に到来した98億円の預託金償還の財源不足から2012年まで据置期間10年間の延長していた。
近年の年収入高は3億円台で推移していたが、2008年12月期には約2億4000万円にまで減少。この間、収益面は低調で2004年12月期以降は赤字が続き、2005年12月期には減損処理で約77億4900万円の当期損失を計上し、100億円を超える累積損失を抱えていた。
今後到来する預託金償還問題や多額の借入金を有していることから、今回の措置となった。

 負債は約112億5600万円。

(株)日本航空インターナショナルは、2008年3月に保有株式を、東京の不動産会社に譲渡し当社経営より撤退している。
営業は今後も続ける見通し。
又、名義変更に付いては、従来通り受付出来ます。


ホーム最新ニュース最新売買情報当社推奨募集コース地域別相場情報税金について会社案内お問合せ

丸美ゴルフは、北海道を中心に全国のゴルフコースのゴルフ会員権を、売買、新規募集代理店をしております。
信用を第一に考え、長年の実績をもとにゴルフ会員権の最新売買情報をご提供しております。

Copyright© 2014–2017 丸美ゴルフ株式会社 All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ